ゴスペルワーシップ                     ゲスト一覧へ
司会・会衆賛美リーダー
音楽ゲスト
声楽・オペラ
楽器演奏
ゴスペル・ワーシップ
ボーカル
ダンスゲスト
トークゲスト
プレゼンテーション

 

kikifest1

   KIKI 
幼い頃からピアノと歌を習い、数回にわたり渡米。アメリカでボーカルトレーニングを受け、様々な有名ミュージシャンに影響を受ける。また教会に通い、黒人音楽の原点でもある「ゴスペル」に生で触れ、それがきっかけでソウル、R&Bなどを歌うようになる。また日本人離れしたソウルフルな歌声は多くの人を魅了し、新聞、雑誌、TVなどでも多く取り上げられている。 シンガーであると同時に、全国に点在するクワイアの指導などゴスペルの指導者としても活躍中。2003年にリリースしたミニアルバム「GOD BLESS YOU」はTAKE6やバックストリートボーイズなど有名アーティストがレコーディングしている、ナッシュビルNo.1のスタジオ「Border Studio」でレコーディング決行。プロデューサーはアメリカゴスペル界の最先端をリードするモントレルダレット。彼自身もコーラスとして参加。KiKiのソウルフルな歌声と融合し、重厚感溢れる見事なジャパニーズR&Bゴスペルとして仕上がった。 そして2005年6月には生チョコレートで有名な「ロイズ」のCMソング「空へ」も収録されている待望のアルバムをリリース。2009年2月3枚目のミニアルバム「Pray Like The Rain」リリース。2005年、自身が乳癌を発症、手術治療しながらも精力的に活動を続け、2008年9月再発、再手術、放射線治療を受けながらのレコーディング、また2009年4月にはZepp Sapporoで4年ぶり札幌でのライブを敢行した。今後も、魂の叫びを歌にして、人々に 癒し、希望、力を与えたいという思いを胸に、全生命を掛け活動を続行中。

ゲストホームページへのリンクはこちら 

 

市岡裕子fest1  

  市岡 裕子  ゴスペルシンガー
吉本新喜劇元看板役者、故 岡八朗の長女。
4歳からピアノと歌を習い始める。高校時代にジャズ、黒人音楽に触れる。
16歳の時、鬱病により母親が自殺、父のアルコール依存症、新喜劇リストラ退団、さらに胃ガンと脳挫傷、弟の死と不幸が続く。家族の世話に追われる中で、ハーレムの黒人教会で本場のゴスペルに出会い、99年ブルックリン・クイーンズ音楽院にてブラックミュージックを本格的に学び、ゴスペルシンガーの道を歩む。
02年父、岡八朗の芸能生活45周年記念リサイタルにて父娘共演。翌年の03年、NHK「にんげんドキュメント」でリサイタルに至るまでの親娘の絆が紹介される。同年、父娘共著の足跡を残した自叙伝「泣いた分だけ笑わしたる!」マガジンハウス出版を発売。講演では「人生の荒波に揉まれて来た経験から、足りないものに不平不満を言わず、有るものに感謝することを学んだ。」と語り、闘病や家族間の葛藤、夢と希望を持てずに苦しんでいる人達の役に立ちたいと語る。ゴスペルコンサートではエネルギッシュなステージでゴスペルを歌い上げる。神様の愛とメッセージを届けたいと、現在、年間90回以上の講演、コンサートを手掛ける。
ゲストホームページへのリンクはこちら

大久保和慧  大久保 和慧  ピアニスト
神戸女学院音楽部ピアノ科卒業。在学中よりホテルやイベントなどでの演奏を始める。ジャズピアノを鍋島直昶、マ−ク・ソスキン、ノ−マン・シモンズらに師事。
2007年3月松方ホ−ル「Four Beauties Play Piano」、2007年5月大阪ブル−ノ−トに大久保和慧トリオで出演など、現在ジャズ、ゴスペルを中心に様々な音楽シ−ンで活躍中。市岡裕子Soulful Soundsピアニスト、音楽療法を行うグル−プ「あんだんて」ピアニスト。NPO法人関西ジャズ協会会員。芦屋福音教会でゴスペルクワイヤ−の講師も担当している。

 

  Spiritual Sounds(スピリチュアルサウンズ)
メンバーが全員プロのミュージシャンであり、市岡裕子と共に、コンサートホール、教会、病院、少年院など国内外で演奏を手掛ける。
メンバー:大久保和慧(P)、松本理恵子(org)、田中券吉(bs)、Larry Marshall(drms)

                                ページトップへ

山本真一郎fest2 

 山本 真一郎 & Men's Mission

関西学院大学・総合政策学部卒   1996年にゴスペルピアニストとしてデビュー後、ディレクター・シンガー・ピアニストとして 関西を中心に全国25箇所で活動中。歌唱指導をはじめ、ゴスペルピアニスト育成、ゴス ペルディレクター育成に精力的に取り組む.。海外アーティストとの共演も多数行い、グロ ーバルな活動を展開する。また活動の一貫として高校・大学等の教育現場をはじめ、ヤ マハや生涯学習センター等の文化教室でも音楽講師を務める。 作詞作曲にも手掛け、多くのオリジナルゴスペルソングをリリース、多くの教会やゴスペ ルグループで歌われている。指導以外にもフライヤー制作・CD制作・カラオケ制作・コン サート音響にも手がけ、あらゆる方法でゴスペルを展開する。関西フランクリン・グラハムフェスティバルにて統括クワイアディレクター・ピアニストとして出演予定。

Men's Missionは、2008年にゴスペルミニストリーSCAの伝道の一貫として発足、プロフェッショナルユニットとしてWarren Alston・Hosea Baker・山本真一郎(リーダー&主催者)の男性3人で構成される。 結成後は同年9月に神戸、12月に京都、09年3月には大阪にてMen's Mission Liveを開催、全公演とも満席&大好評を得る。 2009年4月にRev.Elliott Jackson師が来日、4人目のメンバーとして加わる。09年9月の大阪、11月の岡山公演も満席のうちに大好評を得る。                    
ゲストホームページへのリンクはこちら                                ページトップへ

山川 哲平fest1  

  山川 哲平  

ハレルヤミュージック代表。香川県にあるハレルヤチャーチ高松(日本伝導隊)牧師。独自のスタイルで、日本のプレイズ&ワーシップを追求している。東京キリスト教大学卒。アンテオケ国際宣教神学校卒。学生時代にレインボーミュージックでボーカル&ギターとして用いられる。ミクタムレコードでも、ワーシップリーダー抜擢とともに、オリジナル曲が収録される。ハレルヤミュージックで、7枚のライブワーシップアルバムを制作。最近では、ライブハウスや地元のお祭り、西日本の大会等(08年サンデーアデラジャ聖会・09年ラブソナタ神戸など)でも活躍。長尾キリスト教会ユースパスターを経て、2007年から教会開拓を開始。趣味はバスケットボール。現在6人の子供たちをチャーチ&ホームスクール中。

ゲストホームページへのリンクはこちら                                ページトップへ
長沢 崇史fest2  

  TAKA(長沢 崇史) 

2007年関西聖書学院卒業。
「Growing up」等様々なユースミニストリーを立て上げ、ワーシップリーダーとして現在までに9枚のCDに携わる。
全国を巡回し、若者たちのネットワークを繋げる働きと共に、メッセンジャーとして教会だけでなく、ライブハウスや喫茶店や駅、路上、学校、病院などあらゆる所でイベントや集会を開き福音を伝えている。 北海道出身。国内宣教師、カナンプレイズチャーチユースパスター。

ページトップへ

LYREkids

 LYRE(ピックアップメンバー)

東京基督教大学在学時に賛美グループとして結成される。卒業後もコンサート活動、アルバム制作を継続し、2008年に5枚目のアルバム「かげがえのないもの」をリリース。ヒーリングゴスペルの原点となるサウンドは多くの人々の励ましとなっている。

                                ページトップへ

トミークームズバンドトミー・クームズバンド

トミーはトミークームズバンドの創設者です。  トミーはレコードプロデューサー、演奏者、シンガー、作曲者そしてワーシップリーダーとして活躍しています。トミーはコンテンポラリー・クリスチャンミュージックのパイオニアで、70年代に『ラブソング』のメンバー、そしてマラナタミュージックのクリエイティブディレクターとして、そして80,90年代は何百枚ものレコーディングのプロデューサーとして多くの実績があります。近年はミニストリーにその生涯を捧げて、グレッグ・ローリーの音楽チームを率い、プロミスキーパースの働きやフランクリングラハムとビリーグラハム伝道団と一緒に世界中を伝道のために飛び回っています。30年以上も音楽の奉仕を続ける中で、神にあって個人とコミュニティが一つにされるのを見るのを彼自身の喜びとしています。トミーの最近の挑戦は「Music Compass,LLC」という次世代のクリスチャンミュージシャンをトレーニングし、世の中にインパクトを与え、教会をリードするための働きです。

ミュージシャン
ビル・バットストーン  アコースティックギター
グレン・ホルマン   ベース、ベースマンドリン
ジェフ・ラムス    ピアノ、シンセサイザー
ボブ・ソンマ     アコースティック、エレクトリックギター
デビッド・オーエン  ドラム、パーカッション

シンガー
アンネ・バーボアー
ジョン・バーボアー
ビル・バッドストーン
トミー・クームズ
リンダ・マックレイ・フィッシャー
クリスティーン・ミラー
アルフィー・サイラス・デュリオ
マーサ・スキッドモア

ゲストホームページへのリンクはこちら

 

                                ページトップへ